ホーム > 採用情報 >

先輩社員の仕事を知る

先輩社員の仕事を知る 共和薬品工業で働く先輩社員が仕事の魅力・やりがいについて語ります

研究開発本部 開発部S・Y 2009年入社 薬学研究科修了

ルピングループと提携した共和薬品の成長に期待して入社を希望。

私の業務内容は、主に開発品目の企画や特許業務及び原薬業務です。企画業務とは、製品開発年度の調査・それに基づく開発品の企画、新薬にない剤型や規格についての開発品の提案などのことです。また、特許業務は、開発品に関する先発特許調査及びその対応、自社特許の出願など。原薬業務は商社との面談及び情報収集です。私はもともと薬系の大学及び大学院に行っていたこともあり、調剤薬局やドラッグストアといった業界よりも製薬会社の研究開発に興味がありました。その中で興味を持ったのが、当時ルピン社と提携の話があった共和薬品で、今後いろいろな変化が起こるだろうと期待してこの会社を選びました。

今まで体験したこのない幅広い仕事ができることに喜びを感じます。

入社後は研究開発部での製剤研究職を希望していました。しかし配属されたのは開発部、しかも畑違いの特許業務でした。仕事に慣れるはでは苦労しましたね。また、海外のメーカーと打ち合わせをする際は、当然英語で会話しなければならないのですが、英会話力がまだまだ未熟なため苦労しています。今後は英語力を磨いて、海外の原薬担当者を相手に英語で対応できるようになりたいと考えています。もちろん、苦労だけでなく良いこともあります。自分が提案した企画が通って最終的に開発品目として決定された時は嬉しかったです。
現在、大学院に通学しながら弁理士の資格取得を目指して勉強に励んでいます。知財関係の勉強をする中で、契約や訴訟のことも学ぶので実際にその知識を仕事に活かすことができ、今まで体験したことのない幅広い仕事ができることに喜びを感じています。ますます仕事が楽しくなってきていますよ。

幅広く仕事ができて楽しいです。 一日のスケジュール休日の過ごし方

土曜日は大学院に通学、日曜日は勉強したり、友人と一緒に運動したり、食べ歩きなどしています。

先輩からの就職活動アドバイス Advice from senior
社会人になる前に、今だからできることや学生生活を満喫しておこう。
世の中にどんな仕事があるのか、学生の時はよく見えない分野もあると思いますが、自分で分野を絞って入口を狭めるのではなく、様々な分野に打って出るような広い考えを持つことも大事かなと近頃感じます。
また、社会人をしながら大学院に通学して思うことは、学生は本当に自由で、その時にしかできないことがあまりにも多いことに気づかされました。また、私も学生当時は勉強が大嫌いでしたが、社会人になってから一日勉強できることや大学の先生からいろいろと学ぶチャンスがあることは、すごくありがたいことだと気づきました。勉強もそうですが、やりたいことを全部やりきって学生生活を満喫してから社会人になられることをおすすめします。

他の先輩社員の声を聞く

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

研究開発本部 研究部 研究開発本部 開発部 営業本部 MR