ホーム > 採用情報 >

先輩社員の仕事を知る

先輩社員の仕事を知る 共和薬品工業で働く先輩社員が仕事の魅力・やりがいについて語ります

研究開発本部 開発部S・Y 2008年入社 理工学部卒

入社一年目で主担当を任されたことが

やる気につながりました。

入社して一年目、まだ新人だった私が主担当になって開発を進める機会がありました。責任ある仕事を任されたことが嬉しく、やる気につながりました。医療関係者と計画書の内容について打ち合わせをする際に、思い通りの説明ができず不安になったり、自分の知識不足を感じたこともありましたが、意欲的に取り組むことができました。その後、初めて自分の担当品目の同等性が検証され、発売に至った時は本当に嬉しかったですね。

 

共和薬品を選んだきっかけは、会社説明会で感じた社風でした。

就職活動をしている頃、テレビや新聞でジェネリック医薬品の使用促進運動についてよく取り上げられていました。そのニュースを見て、この業界を知りました。それまでは主に先発医薬品の医薬品企業や食品関係の会社説明会に参加していましたが、共和薬品の会社説明会に参加してみたところ、人事担当者がとても気さくで、印象が良かったのです。それが共和薬品を選んだ理由です。会社説明会に参加すると、担当者とのやりとりを通して社風のようなものを感じることができるので、ぜひ参加されることをおすすめします。私の場合、実際に入社してみて、説明会で感じたイメージとほぼ相違がありませんでした。また、共和薬品に入社して良かったと思うことは、経験の少ない新人であっても担当品目を持つことができ、自分の考えを主張することができることです。それと、有給休暇を取りやすいことですね。仕事とプライベート、両方の充実を重視する共和薬品ならではだと思います。
今後の目標としては、薬物動態に関する専門知識を身に付け、確実に申請できる治験計画を立案するようになりたいです。また、インド・ルピン社の子会社であることから、社内で英語を学べる(聞くことができる)環境を利用して、英語を話せるようになりたいですね。

担当品目が発売されますように! 一日のスケジュール休日の過ごし方

会社の同期や学生時代の友人とフットサルや野球など、体を動かしていることが多いですね。共和薬品にはフットサルと野球のクラブがあります。初心者でも気軽にできるので楽しいですよ。

先輩からの就職活動アドバイス Advice from senior
最後まで諦めないことが重要!
どのような業界、業種に就職したいのか、自分の中で考えがまとめられない人も多いと思いますが、いろいろな企業の説明会に参加することで、自分が就職したい業界、業種、企業がおのずと見えてくるはずです。悔いの残らないよう、最後まで諦めないことが重要です。希望する企業から内定をもらえるまで諦めずに頑張ってください!

他の先輩社員の声を聞く

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

研究開発本部 研究部 研究開発本部 開発部 営業本部 MR