共和薬品工業株式会社 中途採用サイト

人事総務本部からのメッセージ

あなたの夢を共和薬品工業で
実現してみませんか。

執行役員 人事総務本部長 三和 昌樹

私たち共和薬品工業の組織は、「Integrity(誠実さ)・Passion of excellence(卓越性)・Teamwork(チームワーク)・Entrepreneurial Spirit(起業家精神)・Respect and care(人の尊重)・Customer focus(顧客志向)」というルピングループの価値観を実践する社員によって構築されています。共和薬品工業の組織人財開発のビジョンは、社員の自主性を尊重し、社員が失敗を恐れずに高い目標に挑戦し、社員の能力を最大限引き出すことにより会社の事業に貢献することと考えています。

執行役員 人事総務本部長 三和 昌樹

共和薬品工業が求める人材像

私たちは、ユニークな企業文化を背景にグローバルな事業基盤を有しています。
チャレンジ精神があり、固定概念にとらわれない、
状況変化を楽しめる方のご応募をお待ちしています。

社員からのメッセージ

研究開発本部 リサーチセンター 製剤研究部

2011年入社新垣 宏樹

患者さまの負担減を目指し
ジェネリック医薬品の
付加価値を追求しています。

より良いジェネリック医薬品を目指して
付加価値を追求する研究の日々です。
リサーチセンター内のラボが私の職場。ジェネリック医薬品の開発には、のみやすい形や大きさ、コスト面での改善など、患者さまの負担軽減を目指して日々研究しています。開発プロジェクトを進めるにあたっては、製剤研究者だけでなく、臨床、知財、薬事部門、特許、分析、スケールアップの担当者が集い、分野の垣根を越えて一つのチームとなって取り組みます。関わる人数が多い分、多方面からの意見を聞くことができ、思いがけないヒントを得ることもあって、プロジェクトを達成した時の喜びも大きいですね。もちろん、日ごろの研究でも先輩や上司、仲間同士で意見交換をして、より良いジェネリック医薬品を患者さまに届けるために努力をしています。
製剤研究に思いっきり取り組める最高のラボ。
経験と知識を活かす。
私は新卒入社ですが、まだ右も左もわからない入社1か月目から担当薬品を持たせてもらい、上司や先輩にサポートしてもらいながら必死で製薬研究に取り組みました。現在入社8年目ですが、若手が活躍できる環境であるのは今も変わらず、しかも少人数精鋭のラボなので、担当する品目数は決して少なくありません。経験者の方であれば、これまでの経験や培ってきた知識を活かせる最高の環境だと思います。やりたかったことに挑戦してみたい、責任ある研究開発に関わりたい――そんな前向きな研究者には良い環境だと思います。

“選びたくなる魅力”は、「はたらく環境」にあります。のびのびと研究できて、プライベートも充実。
職場を選ぶ理由は人によってそれぞれと思いますが、弊社には“選びたくなる魅力”がいくつもあります。まずは「はたらく環境」。先輩や上司をはじめ同僚との人間関係に悩むことがありません。各自が責任をもって取り組み、時には助け合って研究を進めています。また、フレックスタイム制度が導入されているので効率的に仕事を進めることができます。

営業本部 西日本営業部 西日本第一ブロック営業情報担当者

2017年入社松井 琴音

医療現場のニーズを聞いて
的確な情報提供ができる
信頼されるMRを目指しています。

新薬を取り扱うようになって裾野が広がり
情報提供の活動の幅が広がりました。
世の中で必要とされている会社で仕事がしたいと思い入社し、今年で3年目になります。「会社の顔」であるMRとして、医師の先生方をはじめ、薬局の先生方、卸様、販社様へ、主に当社の医薬品の情報をお届けするのが私の仕事です。これまで当社は後発品のジェネリックをメインに活動してきましたが、新薬の販売がスタートしたことでお客様の裾野が広がり、私たちMRの活動の幅もより広がったように思います。現在は薬剤師の先生方に加えて医師の先生方とお会いする機会が以前と比べてかなり増え大きな大学病院の先生方とお会いする機会もあります。
MR活動において大切にしているのは
患者さまの存在を意識すること。
日々のMR活動において心がけていることがあります。私たちMRは患者さまに直接お会いすることはありません。医師の先生や薬局の先生を通して患者さまの様子を教えていただくので、患者さまの存在を先生方の言葉の奥に感じながら活動するようにしています。目の前のお客さまはもちろんですが、やはり当社は患者さまあってこその会社です。患者さまのために、現場のニーズを聞き取り的確な情報を提供していこうと意識しています。

MRそれぞれが収集した情報を共有し
互いに協力し合うチームプレーが共和です。
共和のMRは、やさしいオーラがあって真面目で誠実。基本的にMRは一人ひとりが担当エリアを持って活動するのですが、自然とそのようなイメージを共有しています。先輩方や上司と密に連絡をとって情報を共有し、チームプレーを意識しているからかもしれませんね。
また大阪と首都圏ではたらくMRは、4割近くが女性です。育休後に復帰して活躍されている方もいらっしゃいます。もちろん女性に限らず男性にとっても、はたらきやすい環境だと思います。どんな「変革」がやってこようと、「やる気」と「元気」があれば楽しくはたらける会社です。

信頼性保証本部三田品質保証部 部長

1990年入社森澤 佳代

製剤の開発研究者から
三田工場の品質管理部門を
統括する立場へ。

研究開発から品質保証の部門へ。変化を楽しみ、
柔軟な考えと行動で対応してきました。
入社当初、私が配属されたのは研究開発部門でした。研究者としてラボで実験をする部署にいましたが、研究の品質保証業務を経て開発部門で主に製造販売承認に係る業務に携わり、その後、製品の品質保証部門に異動しました。そして現在は三田工場で、出荷する製品の品質保証と品質管理という医薬品メーカーとしては大変重要な役割を担う2つの部署を統括する立場におります。
研究者だった私が、部門を越境しても活躍でき、また部長職というポジションを任されるようになったのはひとえに周りの支えがあり、私の個性や能力を認めてくれ、実績を正当に評価してくれる環境があったからだと思います。もちろん私自身もどんどん変化する環境を受け入れ、柔軟な考えと行動で対応してきました。変化に対する不安よりも、好奇心が功を奏したのかもしれません。
変化=チャンス。「変革」を掲げる
当社でチャンスをつかんでみませんか?
部長という立場においては、部門全体の予算や人員的な適正にも意識を向けていかなければなりません。部員一人ひとりの生活を預かっているという思いも大きくなってきました。三田工場では初めての女性部長職になるのですが、私自身はあまり意識していません。これまで通り自分らしく務めていきたいです。
そんな私が仕事において大切だと思っているのは、「続けること」です。何か不満や不安があっても続けていればチャンスが来るかもしれないし、流れが思いがけなく変わるかもしれない。実際にこれまで「流れの変化」や「チャンス」を何度も体験してきました。「変革」を掲げる当社には、今後も色々なチャンスが出てくると思います。

チャレンジできる風土と
はたらきやすい環境が魅力です。
転職を考えている方なら、スキルアップを目指したり、仕事の幅を広げてみたいと考えていたり、家庭の事情などで自分に合う条件を求めていたり、様々な動機があると思います。当社にはどんな人でもチャレンジできる風土があると思います。女性の管理職は私だけではありませんし、さまざまな部署で数多くの女性が活躍していますので、ジェンダーレスな視点で評価されています。やる気と行動力、個性や能力を受け入れてくれる誠実な社風で、はたらきやすい環境や制度もあります。休暇もしっかり取れるので私生活も満喫できています。

サプライチェーン本部 J-IBM統括部

2011年入社安倉 裕貴

日本-インドのビジネスを担当し
安定供給を第一の使命に挑戦する日々。
グローバルに活躍できる仕事です。

日本-インドのビジネスにおいて中心的な役割を担う
グローバルな仕事に大きなやりがいを感じています。
私が所属するJ-IBM統括部は、親会社ルピン社のインド・ゴア工場で日本向けの製剤を製造するにあたり、商業生産の立ち上げ(技術移管)から安定供給の維持管理を統括し、管理監督している部門です。当社には三田工場や鳥取工場がありますが、他社との差別化においては、海外生産でコスト競争力をつけることが必要であり、そのためにインド・ゴア工場では日本レベルの品質を確保し安定供給することが第一の使命となります。私も実際に現地へ駐在し、現地メンバーへの指導を通して、日本の市場が求める価値観と品質を伝えてきました。インドでは文化や環境の違いによる苦労もありましたが、自分なりに彼らとのコミュニケーションをとって絆を深めることもでき、結果として現在の仕事に繋がっています。今では一部の製品がインド・ゴア工場で製造されており、日本で販売されています。日本‐インドの新たなビジネスモデルづくりの一翼を担うことができるのですから、やりがいは十分。毎日が刺激的で、グローバルに活躍できる環境です。
工場勤務の知識と経験を活かして世界へ。
受け身だった自分が、前向きなチャレンジャーに!
現在の部署へ配属となる前は、三田工場の製造現場で勤務していました。駐在員としての仕事で役立ったのは、その時の経験と知識です。現場の感覚を知っているからこそ、インドの現場でも自分の力を発揮できたのだと思います。もちろん様々な部署の方にサポートして頂いての駐在生活だったので感謝してもしきれません。工場勤務の頃は「いつかは世界で働いてみたい」という夢があったので、それを実現することができました。また、環境が変わったことで自分自身にも変化があり、これまでは受け身でしたが今は何事にも自ら挑戦する前向きな考え方に変わりました。当社が新たな「変革」へ向けて動き出していることには、どんな環境の変化があるのか、自分がどんな変化をしていけるかと楽しみでなりません。

効率の良い仕事ができてプライベートも充実できる
働きやすい環境が整っています。
当社には誠実な社員が多いです。働く環境づくりにもしっかり取り組んでおり、フレックスタイム制度は名ばかりでなく実際に有効活用できています。効率の良い仕事ができるのは言うまでもありませんが、プライベートの時間とのメリハリがつけられる事は大変魅力です。また、社内の通信教育制度もあるので私は制度を利用して英語力を磨いています。現地とのコミュニケーションには英語が欠かせないので英語が堪能であればベストですが、自信がなくても入社後に制度を利用してスキルアップやフォローする事もできます。失敗を恐れず仕事に挑戦したい方、スキルアップを目指している方、グローバルで活躍してみたい方には最高の環境だと思います。

鳥取工場 製造部製造課充填係

2017.年入社竹田 智樹

個性や能力を活かし
自分の考えを追求できる
それが製造部門の魅力です。

与えられるだけでなく自分から考えを追求することで
仕事が楽しくなり、自分に自信が持てるように。
私の職場は、2017年4月に新設された鳥取工場です。製造された錠剤や顆粒を瓶などに充填していくラインの中で、充填機オペレーターとして作業を行っています。入社して3年目になりますが、上司や先輩からこの作業を任されるようになり、今は自信を持って日々作業に取り組んでいます。高校卒業後に入社し、工場勤務という初めての世界に戸惑いもありましたが、与えられた作業をするだけではなく、一歩踏みだして作業をしていく中で、一つひとつの作業の意味を知って、自分から考えを追求するようになりました。自分の考えを持てるようになったこと。これは私自身にとって大きな変化です。また、当社ではジェネリックだけでなく新薬の販売取扱が始まったことをはじめ、今後もさまざまな変化があると思いますが、今はそれが楽しみでもあります。
製造分野で機械を扱う仕事を希望していた私にとって
個性・能力を活かせる、はたらきやすい環境です。
鳥取工場は3年前に稼働し、最新の設備を備えたきれいな職場です。製造部だけでなく品質保証部など他部署の従業員とも連携し、多くの人と接する職場でもあるので、いつも思いやりをもって仕事をすることを心がけています。製造スケジュールを円滑に進めるためにも人間関係は重要です。また、私がこの職場が好きなのは、個性や能力を活かせる環境だということ。高校は電気機械科で学んでいたこともあり、製造分野で機械を扱う仕事は希望に沿ったものでした。負けず嫌いな性格なので仕事に向き合うとことん熱くなってしまうのですが、その熱量を知識や経験に変換していきたいです。機械が好きな方や、製造に興味がある方、「やる気」にあふれている方、ぜひ一緒に働きましょう!

休日の趣味はドライブやグルメめぐり。
福利厚生を利用して映画鑑賞にもよく行きます。
休日は製造スケジュール次第なのでカレンダー通りとはいきませんが、プライベートの時間もしっかり楽しんでいます。高校時代から続けている軟式テニスをはじめ、ドライブ、グルメめぐり…。会社が加入している福利厚生(リロクラブ)を利用して映画鑑賞にもよく行きます。映画チケットなどが安くなるのでありがたいですね。映画のほかにフルーツ狩りなどの体験プランなども利用して、充実した休日を過ごそうと思っています。

現在の採用オープンポジションについて

現在、下記ポジションについて
オンラインエントリーを受け付けております。

人事総務本部:HR ビジネスパートナー(管理職)
詳細はこちら
研究開発本部:臨床開発部 部長(管理職)
詳細はこちら
研究開発本部 製剤技術センター:製造・技術移管スタッフ(一般職)
詳細はこちら
営業本部 東日本営業部 神奈川ブロック:MR職(一般職)
詳細はこちら
営業本部 営業情報部 FP&A職(一般職)
詳細はこちら
生産管理部 三田工場:購買課 倉庫係(一般職)
詳細はこちら
信頼性保証本部:鳥取品質保証部 SQC 課(一般職)
詳細はこちら
生産本部 鳥取工場:医薬品製造職(一般職)
詳細はこちら

エントリーフォームはこちら